親業訓練インストラクター 式場敬子 親業 親だって人間! ゴードン・メソッド・コミュニケーショントレーニング

HOME メールマガジン プロフィール お問い合せ
親業について 講座 講演会・セミナー QandA コラム 活動内容〜式場敬子のお仕事〜

プロフィール 式場敬子のこと

式場 敬子(しきば けいこ)
式場 敬子(しきば けいこ)
親業訓練協会シニアインストラクター
千葉県教育委員会「みんなで取り組む千葉教育会議」委員
看護ふれあい学コミュニケーション・リーダー1級
親業訓練協会看護ふれあい学研修会実行委員
教師学インストラクター
心理カウンセラー
アンガーマネジメント キッズインストラクター

清泉女子大スペイン語スペイン文学科卒業後、帝国ホテル入社。フロントチーフクラークとして働いていましたが、結婚を機に退社。現在は千葉県市川市在住の3児の母です。

【自分を「良い母」とは思えず自信が持てなかった育児中に「親業」と出会い、自分の人生の指針となりました。現在は、自らの実体験を基に、「親も一人の人間として子どもとどう向き合って行くか」をたくさんの親達に講座や講演会を通してお伝えしています。同時に、あらゆる人間関係においても活かせるコミュニケーションスキルを、様々な場で伝える活動をしています。】
コラム「気持ちはどこにあるの?」
活動実績

    講演会

  • 行政関係
  • 千葉県教育庁主催「家庭教育支援講座」三井化学株式会社、千葉県信用保証協会
  • 千葉県教育委員会葛南教育事務所(2回)
  • 市川市教育委員会生涯学習振興課主催「家庭教育学級」(5回)
  • 市川市南新浜小学校 就学時健診
  • 船橋市三咲小学校 就学時健診
  • 群馬県桐生市教育委員会主催「青年ふるさと文化セミナー」
  • 浦安市学校警察連絡委員会,浦安市健康福祉部 健康増進課主催
  • 八千代市生涯学習振興課主催「家庭教育学級」、八千代市子育て支援課主催「放課後子ども教室」
  • 袖ケ浦市教育委員会
  • 千葉県印旛郡本埜村教育委員会
  • 市川市役所子育て支援課主催「市川市家族の週間」特別イベント
  • 千葉県一宮町教育委員会、匝瑳市教育委員会
  • 公民館主催講座(船橋市二和公民館・三咲小学校、宮本公民館、西部公民館、八千代市八千代台公民館、浦安市当代島公民館、鎌ヶ谷市北部公民館)
  • 品川区公開文化講座
  • 千代田区立九段生涯学習館
  • 学校・教育機関
  • 市川市各幼小中学校「家庭教育学級」講演会
    (国府台小学校、第一中学校、新浜小学校、新浜幼稚園、第六中学校、富貴島小学校、塩浜小学校、大洲小学校、稲越小学校、中山小学校、塩焼幼稚園、市川小学校、柏井小学校、宮久保小学校、百合台小学校、大柏小学校、妙典小学校)
  • 東海大学付属浦安高等学校、東海大学付属小学校・幼稚園、東海大学望星学塾、千葉明徳中学校、宇都宮女子高等学校、成田市立中郷小学校、成田小学校、新山小学校、八生小学校、船橋市立二宮中学校、三咲小学校、大穴小学校、三山小学校、千葉市立稲毛中学校、我孫子市立湖北台中学校、松戸市立松飛台小学校、世田谷区立中町小学校、三宿小学校、埼玉県蕨市ひかり幼稚舎、牛込成城幼稚園、市川市いなほ幼稚園、サンシティ聖母幼稚園、勝浦市立郁文小学校、香取市立小見川中学校、葛飾区立亀有中学校、千葉県旭市立干潟中学校、東京都認証保育所エンゼル保育室、(株)ファーストプレイス保育ルームパステル
  • 学習塾関係
  • 日能研(青砥校、本八幡校、松戸校、柏校、新浦安校、錦糸町校、竹ノ塚校、千住校、御茶ノ水校、西船橋校)、ECCジュニア(行徳駅前教室、野田市木間ヶ瀬教室)、個別学習指導塾「正学館」、公文(須和田教室、中国分教室、実籾西教室)、親子教室ぷっち
  • 地域活動
  • 流山ハンドボールクラブ、西新井住区センター,生活クラブ生協松戸ブロック、興本地域学習センター
  • 団体、企業など
  • 親業訓練協会サロン講演会、ニチイ学館松戸、財団法人社会保険協会「えびす大学」、生活協同組合パルシステム千葉、(株)ママハピ、一般社団法人コスモス成年後見サポートセンター、公文教育研究会船橋事務局、高輪サロン、ファイナンシャルプランナー勉強会、東京都立小山台高等学校ビジネス交流会
  • 執筆活動

  • 月刊情報誌「学校選択」、日能研キッズレーダー、宣教社「ほとけの子」など
式場敬子の思い
「親業を学んで楽になった」
一緒に親業の講座を受けた友人が言った言葉です。これは、育児が楽になったということではないのだと思います。日々の子どもとの生活は変わらないし、子どもがいればやることは次から次へとあります。
楽になったと感じたのは、「親なのだから」と頑張らなくてもよくなったという意味なのかもしれません。実は、私も楽になったと感じている一人なのです。

「親なのだから子どもの話を聞かなくてはいけない。」
「子どもに自分の意見を押しつけてはいけない。」
私たち親は「~してはいけない」ということにしばられていることが結構あるかもしれません。
では、「~しましょう」はどうでしょうか?
「子どもの目を見て聞きましょう。」
「子どもと話し合う時間を持ちましょう。」
これもよく耳にしている言葉です。
でも、頭ではわかっていても、いつも子どもの話を聞く「良い親」でいるわけではありません。だから、「いつも子どもの話を聞けない」自分を「良い親ではない」と思ったりすることもあります。
私もずっと自分の事を「イライラお母さん」で、ダメな母親だと思っていました。

今、すごく良い親になったかというと、そうではないのですが、「親」から「人間」に戻ったという感じです。
親だっていろんな感情を持っていて、子どもと一緒にいて、イヤだと感じることだってあるのだと認めてから、親として無理をして頑張ろうとしていた力が抜けた思いでした。
もし、イヤだと感じることをなくしたいのならば、イヤだと感じることをなくすために、自分に働きかける方法を選べばよいということでした。

その方法を「親業」の講座で学んだのですが、実践してみると、親子関係、人間関係はまさにライブで、マニュアル通りには行かないこともあるわけです。でも、そこからまた、学んだことを次に活かすチャンスも生まれてきます。

私は、子どもを持つ親や、人と人のつながりを考える方たちが、この「親業」や、「ゴードン・メソッド」で使うコミュニケーションの方法を知ることにより、「そんな考え方があるのか」「コミュニケーションに方法があるのか」と、これからの生活の中での、何かのきっかけやヒントになってくれたらいいなと思っています。
そして、少しでも気持ちが楽になったり、安心したり、元気になっていただけたらと願い、多くの方に「親業」や、「ゴードン・メソッド」を伝えて行くインストラクターの活動を続けています。
Copyright(c) oyagyo.jp all right reserved.