親業訓練インストラクター 式場敬子 親業 親だって人間! ゴードン・メソッド・コミュニケーショントレーニング

HOME メールマガジン プロフィール お問い合せ
親業について 講座 講演会・セミナー QandA コラム 活動内容〜式場敬子のお仕事〜

プロフィール 式場敬子のこと

式場 敬子(しきば けいこ)
式場 敬子(しきば けいこ)
親業訓練協会シニアインストラクター
千葉県教育委員会「みんなで取り組む千葉教育会議」委員
看護ふれあい学コミュニケーション・リーダー1級
親業訓練協会看護ふれあい学研修会実行委員
教師学インストラクター
心理カウンセラー
アンガーマネジメント キッズインストラクター

清泉女子大スペイン語スペイン文学科卒業後、帝国ホテル入社。フロントチーフクラークとして働いていましたが、結婚を機に退社。現在は千葉県市川市在住の3児の母です。

【自分を「良い母」とは思えず自信が持てなかった育児中に「親業」と出会い、自分の人生の指針となりました。現在は、自らの実体験を基に、「親も一人の人間として子どもとどう向き合って行くか」をたくさんの親達に講座や講演会を通してお伝えしています。同時に、あらゆる人間関係においても活かせるコミュニケーションスキルを、様々な場で伝える活動をしています。】
コラム「気持ちはどこにあるの?」
活動実績
式場敬子の思い
「親業を学んで楽になった」
一緒に親業の講座を受けた友人が言った言葉です。これは、育児が楽になったということではないのだと思います。日々の子どもとの生活は変わらないし、子どもがいればやることは次から次へとあります。
楽になったと感じたのは、「親なのだから」と頑張らなくてもよくなったという意味なのかもしれません。実は、私も楽になったと感じている一人なのです。

「親なのだから子どもの話を聞かなくてはいけない。」
「子どもに自分の意見を押しつけてはいけない。」
私たち親は「~してはいけない」ということにしばられていることが結構あるかもしれません。
では、「~しましょう」はどうでしょうか?
「子どもの目を見て聞きましょう。」
「子どもと話し合う時間を持ちましょう。」
これもよく耳にしている言葉です。
でも、頭ではわかっていても、いつも子どもの話を聞く「良い親」でいるわけではありません。だから、「いつも子どもの話を聞けない」自分を「良い親ではない」と思ったりすることもあります。
私もずっと自分の事を「イライラお母さん」で、ダメな母親だと思っていました。

今、すごく良い親になったかというと、そうではないのですが、「親」から「人間」に戻ったという感じです。
親だっていろんな感情を持っていて、子どもと一緒にいて、イヤだと感じることだってあるのだと認めてから、親として無理をして頑張ろうとしていた力が抜けた思いでした。
もし、イヤだと感じることをなくしたいのならば、イヤだと感じることをなくすために、自分に働きかける方法を選べばよいということでした。

その方法を「親業」の講座で学んだのですが、実践してみると、親子関係、人間関係はまさにライブで、マニュアル通りには行かないこともあるわけです。でも、そこからまた、学んだことを次に活かすチャンスも生まれてきます。

私は、子どもを持つ親や、人と人のつながりを考える方たちが、この「親業」や、「ゴードン・メソッド」で使うコミュニケーションの方法を知ることにより、「そんな考え方があるのか」「コミュニケーションに方法があるのか」と、これからの生活の中での、何かのきっかけやヒントになってくれたらいいなと思っています。
そして、少しでも気持ちが楽になったり、安心したり、元気になっていただけたらと願い、多くの方に「親業」や、「ゴードン・メソッド」を伝えて行くインストラクターの活動を続けています。
Copyright(c) oyagyo.jp all right reserved.